病院について

ごあいさつ

院長ごあいさつ

 淡路島には高齢者〜超高齢者が多く、ここ淡路市も同様で所謂「2025年問題」が既に起きていると言われています。私たちの病院は療養112床、一般60床(地域包括ケア病床40床)のケアミックス病院ですが、患者さんの平均年齢は86.7歳と超高齢で入院の契機としても高齢者に特徴的な肺炎・骨折が約70%と大多数を占めています。当院では理念・基本方針でもある「地域密着型医療」・「断らない救急医療」・「在宅復帰を実現する充実したリハビリテーションの提供」の実現のため以下の事を実践しております。1)高齢者のADL、引いては生命予後を著しく低下させる大腿骨頸部骨折や脊椎圧迫骨折の原因となる「骨粗鬆対策」にリエゾンマネージャーを育成するなど力を入れています。2)昨年4月に「電子カルテ」を導入し全職員が同時に患者さんの情報を共有することが出来るようになりました。また平成30年2月に「日立64列マルチスライスCT」を導入して救急患者さんが来院した際には瞬時に頭から胸部〜骨盤腔まで精査して診断を下すことが出来ます。3)隔週で「減薬検討会議」を医師・看護師・薬剤師参加で開催しポリファーマシーの患者さんを5剤以下にするべく取り組んでおります。4)常勤STが3名で患者さんに嚥下評価・嚥下訓練を施行して常に「食事形態を上げる試み」をして、患者さんに満足をして頂ける様に努力しています。5)7月より「訪問看護ステーション」を病院ロビー内に移設し病院との連携をさらに密にして、在宅患者さんのニーズに合った「訪問看護」・「訪問リハビリテーション」をしていきます。6)8月より5床を「開放病床」に設定し地元の診療所の医師が紹介した患者さんを「開放病床」で共同指導できるようにしました。
 このシステムによって患者さんはかかりつけの先生に当院入院前・入院中・退院後も切れ目なく診て頂けるというメリットがあります。 当院では患者様に急性期〜回復期〜慢性期〜在宅においてシームレスで良質な医療・介護を提供していきます。その際患者さんや御家族の相談には「地域連携室」が当たらせていただき最善の提案をさせて頂いております。この様に今後も順心淡路病院では職員一同一致団結して患者さんの「治療・リハビリ・自宅復帰」に向けて努力していく所存でございます。又対外的には1)淡路医師会が2018年2月1日にオープンした「医療・介護・福祉連携支援センター」に対する全面的バックアップ、2)淡路市が積極的に取り組んでいる若い人たちが定住したくなる街作り・お年寄りが暮らし易く生き甲斐の持てる街作り計画、3)関西看護医療大学の「セラピーアイランド淡路島」計画にも賛同し協力していきたいと考えております。

院長 松井 治(まつい しょうじ)



看護部長ごあいさつ

合言葉はSmile & Kindness (笑顔と思いやりの心)
 当院が立地する淡路島は日本でもトップクラスの高齢化地域であるといわれております。高齢患者様の増加と在院日数短縮化の中で病院の理念をもとに私たち看護師が担う役割は患者様の持てる力を最大限に引き出すこと、患者様の意思を尊重し、意思決定を支援することです。私たち看護部は専門職として日々研鑽し、人間力を高め、相手を思いやる「心」を大切に、質の高い看護サービスの提供を目指しております。 看護部の教育体制は、中堅看護師が中心となって教育プログラムに沿って、新人看護師等を全員で人財育成を行っております 皆が元気で明るい職場であるよう、患者様が「この病院に入院してよかった」と言っていただける看護を継承し、地域の皆様に信頼される看護の専門集団でありたいと思います。

看護部長 大島 佐代子(おおしま さよこ)

このページの上へ

理念

「地域医療のために全力をつくす」

病院の理念
  • 地域医療の充実をはかり、安全で信頼される医療を目指します。
病院の基本方針
  • 1.急性期医療と救急医療を担い、地域の需要に応えます。
  • 1.地域連携を深め、地域と一体となった医療を行います。
  • 1.高齢者医療とリハビリテーションの充実に努力します。
  • 1.医療人としての誇りを持ち活気あふれる職場づくりを目指します。
患者様の権利
  • 1 良質の医療を受ける権利
  • 2 選択の自由の権利
  • 3 情報を知る権利
  • 4 自己決定の権利
  • 5 プライバシーなどの機密保持を得る権利
  • 6 健康教育を受ける権利
  • 7 尊厳を得る権利
病院の倫理規定

順心淡路病院の職員は順心淡路病院倫理規定に基づき、「順心淡路病院の理念・基本方針」に沿った行動をとらなければならない。
また、順心淡路病院倫理規定は順心淡路病院職員としての職員倫理規定でもあるので、
各職種別倫理規定(医師・看護師など)もあわせて遵守に勤めなければならない。

<規定>
1.人間の生命・尊厳および権利を尊重します
2.患者様に公正な医療を提供します
3.インフォームドコンセントを実践します
4.患者様のプライバシーの保護に努めます
5.質の高い医療を提供します
6.患者様の個人情報の保護と守秘義務を徹底します
7.医療人としての人格を高めます
8.生命倫理上の問題は医療倫理委員会で審議し、方針を決定します

このページの上へ

病院のご案内

概要

建物構造/鉄筋コンクリート5階建
敷地面積/4,903m2
建築延面積/6,489m2
172床/一般病床:60床、療養病床:112床
開院/平成10年7月

診療科目

内科、消化器内科(内視鏡)、循環器内科、糖尿病内科、 外科、消化器外科、乳腺外科、整形外科、 脳神経外科、 皮膚科、大腸・肛門外科、放射線科、リハビリテーション科、 歯科口腔外科

ご紹介

・ 保健医療機関
・ 労災保険指定医療機関
・ 生活保護法指定医療機関
・ 感染予防医療法指定医療機関
・ 特定疾患治療取扱病院

このページの上へ

検査機器・設備について

マンモグラフィー

片方ずつ乳房をはさみ、適度の圧迫をかけます。
そうすることで、乳房の厚みが薄く均一になり、内部組織をより鮮明に写すことができます。
触診では診断できない小さな疾患を写すことができるので、乳がんの早期発見のためには欠かすことのできない検査です。

MRI

強い磁力のある筒のなかに入り、磁気を使って臓器や血管を撮像します。
被ばくもなく、早期の脳梗塞、脊髄疾患などを検査でき、造影剤を使わずに血管を写しだすこともできます(MRA)。
検査中は音を発しますが、耳栓やヘッドホンを使って軽減されます。