脳卒中センター

  • 消化器センター
  • 救急センター

実施している主な治療

順心病院では、病院移転を機に脳卒中センターを開設し、脳卒中急性期医療に取り組んでいます。センターでは脳神経外科・リハビリテーション科の各科医師を中心とし、看護スタッフ、薬剤師、PT・ST・OT、放射線技師、地域連携担当者などによる医療チームを編成し脳卒中患者さんに対し高度専門医療を行っています。

対象となる疾患

  • ・脳梗塞(脳塞栓・脳血栓 )
  • ・脳動脈瘤
  • ・脳出血(くも膜下出血・脳出血 )
  • ・脳動静脈奇形
  • ・一過性脳虚血性発作
  • ・もやもや病

検査と治療

24時間365日対応可能な緊急治療体制を整えています。

[検査]

頭部CT、MRI・MRI(・MRA、脳血管撮影、頸部エコー、心エコー等 最新の機器を整備し、脳卒中診断に必要な画像検査を迅速に行います。

[急性期治療]
・脳梗塞に対して
発症4時間半以内の詰まった血の塊を溶かす血栓溶解療法(rt-PA)、カテーテル治療、その他の薬物治療など、病状や病態に応じた最善の治療を選択します。
・脳出血、クモ膜下出血などに対して
開頭手術やカテーテル治療などの適応について検討し、必要とあれば夜間休日を問わず、 いつでも治療を開始します。
>> ハイブリッド手術室を整備しました。

リハビリテーションと再発予防

[リハビリテーション]
入院直後より、リハビリテーションスタッフによる機能回復のための訓練を開始し、早期の社会復帰を目指します。
[再発予防]
高血圧、糖尿病、心臓病、そのほかの再発危険因子について評価し、再発予防のための治療や薬剤指導・栄養指導を行います。

このページの上へ

医師紹介

脳神経外科

理事長 栗原 英治
(神戸大学医学部 1984年卒)

・日本脳神経外科学会専門医
・日本脳卒中学会認定脳卒中専門医
・日本リハビリテーション医学会
・日本神経学会

院長 武田 直也
(神戸大学医学部 1979年卒)

・日本脳神経外科学会専門医
・日本脳卒中学会認定脳卒中専門医

顧問 桑村 圭一
(徳島大学 1969年卒)

・日本脳神経外科学会専門医
・日本脳卒中学会認定脳卒中専門医
・日本頭痛学会専門医、指導医
・認知症サポート医

顧問 川口 哲郎
(神戸大学医学部 1979年卒)

・日本脳神経外科学会専門医
・日本救急医学会専門医
・関西看護医療大学 教授

黒田 竜一
(神戸大学医学部 1993年卒)

・日本脳神経外科学会専門医

井上 悟志
(神戸大学医学部 2003年卒)

・日本脳神経外科学会専門医・指導医
・日本脳神経血管内治療学会専門医・指導医
・日本脳卒中学会専門医
・医学博士

李 泰辰
(昭和大学医学部 2004年卒)

・日本脳神経外科学会専門医
・日本脳卒中学会認定脳卒中専門医
・日本脊髄外科学会認定医

山下 俊輔
(神戸大学医学部 2011年卒)

・日本脳神経外科学会専門医

このページの上へ

治療実績

脳外科疾患治療 実績

年度 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016
疾患名(ICD 中分類) 件数 件数 件数 件数 件数 件数 件数 件数 件数 件数
脳梗塞 320 401 505 737 738 760 934 945 923 919
一過性脳虚血発作及び関連症候群 69 148 187 438 644 601 689 724 829 716
頭蓋内損傷 100 172 191 375 485 418 459 500 513 463
脳内出血 72 109 120 171 197 185 214 192 208 174
その他の脳血管疾患 50 45 83 117 112 96 171 146 165 159
てんかん 20 61 84 105 133 121 145 188 199 226
脳血管疾患の続発・後遺症 2 3 40 75 112 79 110 80 69 80
くも膜下出血 25 24 32 65 68 59 76 72 75 53
脳実質外動脈の閉塞及び狭窄、脳梗塞に至らなかったもの 8 34 36 39 33 50 63 64 59 39
水頭症 12 20 21 19 27 46 50 25 36 39
片頭痛 4 6 7 20 63 37 41 49 33 40
その他の非外傷性頭蓋内出血 32 63 4 5 8 7 0 0 0 0
脳及び中枢神経系の性状不詳又は不明の新生物 9 17 19 23 20 23 21 13 8 11
脳動脈の閉塞及び狭窄、脳梗塞に至らなかったもの 7 14 24 11 29 22 21 19 8 16
頭蓋骨及び顔面骨の骨折 7 8 12 21 14 15 26 28 17 17
頚部の神経及び脊髄の損傷 3 11 5 18 19 14 10 18 12 16
その他の脊椎障害 4 6 4 9 10 9 22 30 17 37
その他の頭痛症候群 0 11 0 10 8 7 10 17 25 31
めまい<眩暈>感及びよろめき感 27 7 0 0 0 0 0 0 0 0
頭部損傷の続発・後遺症 0 0 0 4 15 8 9 11 8 6
髄膜の良性新生物 0 4 0 3 7 10 18 17 16 19
頭蓋内及び脊椎管内の膿瘍及び肉芽腫 0 0 4 4 6 8 7 8 9 12
パーキンソン<Parkinson>病 3 0 3 5 3 8 9 0 0 0
顔面神経障害 0 0 0 0 12 8 6 14 12 8
その他及び詳細不明の原因による髄膜炎 4 4 0 0 3 5 0 0 0 0
頚部の関節及び靱帯の脱臼、捻挫及びストレイン 3 3 0 5 0 5 0 0 0 0

脳外科手術 実績

年度 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016
OP( 手技名 ) 件数 件数 件数 件数 件数 件数 件数 件数 件数 件数
脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 53 49 52 84 89 90 112 130 121 106
脳動脈瘤頸部クリッピング(2箇所以上) 6 7 14 8 16 10 18 11 12 11
脳動脈瘤被包術(1箇所) 8 5 1 2 3 6 12 3 6 4
頭蓋内腫瘍摘出術(その他のもの) 16 11 23 15 19 25 39 38 32 40
動脈形成術、吻合術(頭蓋内動脈) 39 45 51 41 56 64 63 78 53 52
慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 69 83 95 110 148 216 208 187 186 158
頭蓋内血腫除去術(開頭)(硬膜外) 7 2 5 15 14 5 5 6 6 3
頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) 45 46 59 68 86 75 61 48 53 44
頭蓋内血腫除去術(開頭)(硬膜下) 13 11 19 20 19 15 23 21 12 7
水頭症手術(シャント手術) 40 61 69 68 71 91 82 55 52 45
穿頭術後脳室ドレナージ 45 24 31 51 71 60 46 28 19 29
減圧開頭術 11 3 6 11 10 13 12 4 7 8
頭蓋骨形成手術(硬膜形成を伴う) 23 27 34 48 39 43 36 21 16 23
脳切除術 9 11 10 18 14 17 13 9 9 7
定位脳手術(片側) 0 0 23 20 18 17 17 11 20 16
動脈血栓内膜摘出術 8 7 14 5 4 3 20 33 25 28
脳動静脈奇形摘出術 3 2 6 3 2 3 3 2 3 0
脳血管内手術 8 11 9 15 10 17 23 11 18 18
経皮的頚動脈ステント留置術 0 1 0 7 9 24 7 21 20 13
選択的脳血栓・塞栓溶解術(頭蓋内脳血管) 1 0 2 0 0 3 2 3 2 0
椎弓形成手術 6 20 9 17 7 10 12 15 1 26
椎弓切除術 0 0 0 2 3 10 6 1 2 4
脊椎固定術 0 17 15 2 0 1 0 0 1 11
脊髄ドレナージ 17 5 0 11 11 13 14 15 11 13
試験開頭術 0 2 1 4 6 28 7 7 7 7
脳新生血管造成術 6 3 2 5 4 4 4 2 4 1
経鼻的下垂体腫瘍摘出術 0 5 0 1 3 1 7 9 6 10
脳膿瘍排膿術 1 0 3 1 1 3 0 1 0 0
脳膿瘍全摘術 0 0 0 0 2 2 0 1 0 0
髄液漏閉鎖術 0 2 0 1 2 4 1 1 1 2

t-PA療法 実績

年度 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016
患者数 14 12 17 40 37 65 84 45 47 41

脳血管内手術件数

年度/患者数 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2013 2014 2015 2016
脳血管内手術 8 11 9 15 10 17 23 11 18 18
経皮的頚動脈ステント留置術 0 1 0 7 9 24 7 21 20 13
選択的脳血栓・塞栓溶解術(頭蓋内脳血管) 1 0 2 0 0 3 2 3 2 0
経皮的脳血栓回収術 0 0 0 0 0 0 0 14 23 11
経皮的脳血管形成術 1 0 1 0 0 2 4 0 5 9

このページの上へ

検査機器・設備

  1. X線CT(64列マルチスライスCT)
  2. 3T MRI(磁気共鳴断層撮影)・MRA
  3. 脳血管撮影
  4. 超音波エコー検査
  5. ハイブリッド手術室
  6. サイバーナイフ
    ラジオサージェリーシステム VSI
  7. Revolution GSI

▼詳しくはこちらをご覧ください。

検査機器・設備について